2021年10 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォトアルバム

« 習性。 | メイン | やらなくちゃ~やらなくちゃ~ »

2010/02/28

コメント

おやじ

よかったね、春だもの、スミレはタネを飛ばして子孫を増やすグループの中で大変ユニークな存在です。春は可憐な花を咲かせて虫たちにごちそうを振る舞いながら、花粉を運んでもらて
いるのですが、やがて、春が終わると蕾はつくるのですが、なぜか花は開かないまま受粉してしまうのです。これらを称して『閉鎖花』と呼ばれています。特にこの傾向の激しいのが公園などでおなじみのタチツボスミレです。普通、
スミレは地下茎で増えて行きますが、タネをまき散らすなどで更に仲間を増やそうとけなげな努力を昔からやっているようです。小さいながら、すごい努力家ですね。
そういえば、スミレの属名の学名がviolaなんて不思議な縁ですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)