2019年7 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォトアルバム

« 元気計画・397 Everybody Loves Somebody | メイン | 元気計画・399 Paganini : Barucaba 2-5,6 var. »

2018/11/17

コメント

reina

初めて投稿させて頂きます。
この曲は仕事柄、よく耳にするのですが、
やはりその時代を謳歌されてこられた皆さんは、思い思いの顔で、曲に酔いしれておられます。そんな沢山の方々の人生の片鱗を垣間見る度に、音楽の素晴らしさを改めて感じております。
バイオリンの音での、さらに繊細なこのメロディーラインを聴かせて頂き、山岡耕筰先生が一体どのような心情でこの曲を愛されていたのか、すごく興味深く感じてしまいました(笑)

Shiluco

reina様
コメントありがとうございます!
山岡耕筰先生はViolinと日本の曲を結んで子供達に教えてくださいました。Violinは西洋楽器ですからどうしても西洋クラシックが中心です。でも日本の曲も愛す機会を私達(が子供の頃。笑)に色々教えてくださいました。
中でもこの宵待草は本当に先生が大好きだった曲の一つで、だから幼い私も大好きになり、そして今の私は本当に素晴らしい名曲だと心から尊敬する曲です。
reinaさんの今まで聴かれてきた色んな宵待草の中に、私のこの曲も入れて頂き本当に嬉しいです!
どうもありがとうございますm(_ _)m!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)